全身脱毛するならどこがいい?人気の脱毛サロンの全身脱毛 料金・値段と満足度・口コミをを超辛口で徹底分析・比較してランキングしています。「満足できる」「効果のある」「料金が安い」あなたはどんなサロンが好みですか?自分にピッタリの脱毛サロンを選んでください。体験談・口コミも募集しています!

体の悩み・解決

デリケートゾーンの臭いが気になる!アソコのニオイの原因と予防・対策法

投稿日:

気になるデリケートゾーンのニオイ

気になるデリケートゾーンのニオイ

脇や足の裏の臭いは気にして洗ったり制汗剤をしてケアをしている人は多いですが、意外ときつい臭いがして更に気づきにくのがデリケートゾーンです。

一番指摘されたり気づいて欲しくないのが彼氏や夫ですが残念ながら一番気づいて指摘されやすい相手です。

ニオイを指摘されて愛が冷め振られてしまう前に自分で確認しケアして臭わないようにしておきましょう。では、ケアすると言ってもどうすればいいのでしょうか。

石鹸でゴシゴシを洗えばいいのでしょうか。臭いの原因が病気ということはないのでしょうか。

デリケートゾーンの話は気になるけど恥ずかしくて友人、家族にはなかなか相談しにくいのでこちらで紹介していきます。

デリケートゾーンの臭いの種類とは?臭いの種類別に原因と対策法について

ニオイの原因とは

ニオイの原因とは

デリケートゾーンの臭いが気になるからといっても間違ったケアをしていると余計に臭いが強くなったり、色々買って試してみても効果もなくお金の無駄使いになってしまいます。

臭いケアをするためには、まず臭いの原因を知り適切なケアをしていきましょう。

原因1. 膣分泌液のニオイ・おりもの

一般的に臭いが気になるときに原因として考えられるのが、膣分泌であるおりものの臭いです。

おりものとは、液体で膣や子宮頸管からの分泌物と古い細胞が混ざって排出されたもので、細菌が外部から侵入するのを防いだり受精のサポートをする役目があります。

おりものって何?

ではなんでそんなに臭いがするようになるのでしょうか。

デリケートゾーンも体の一部です。

脇や足の裏と同じように汗もかくし蒸れることもあります。さらに尿や便、生理時の血液などで雑菌が増えやすいです。

デリケーソゾーンを不衛生にしていると雑菌が繁殖し臭いの原因になります。

逆に気にしすぎてゴシゴシと洗いすぎたり殺菌作用の強い石鹸で洗ってしまうと自浄作用が低下し殺菌の侵入を防いだり繁殖を防ぐ機能まで壊してしまいます。

おりもの自体の色や臭いは生理周期によっても変化します。基本的にはすっぱい匂いがします。ただし細菌が繁殖していると魚が腐った臭い、生臭い臭いがしたり夏に汗をかいた洋服を洗わず放置した時のような臭いがします。

このような臭いがすると悪臭として不快な思いをさせてしまいます。

では、どのような原因があり有効的な対策は何でしょうか。

デリケートゾーンにも脇と同じように汗腺があり体の中でも活発な箇所です。要注意なのがアポクリン腺から出てくるニオイが強い汗です。

雑菌がその汗によって繁殖するとニオイが更に強くなります。

対策としては、臭いの原因となる雑菌を抑えるにはデリケートゾーンを清潔に保つことが一番です。

悪玉菌を退治し善玉菌はきちんと残すことで菌のバランスを整えニオイのケアにも繋がります。

最近は制汗剤も増えてきましたが制汗剤を使ってニオイケアをしている人も多いのではないでしょうか。

まず気をつけたいのが脇や足裏などの汗対策用の商品を使う事はやめましょう。
デリケートゾーンの皮膚は脇よりも薄くて敏感です。それに膣など粘膜で覆われた大切な部位もあります。合成物質が入っている制汗スプレーはデリケーゾーンには強すぎます。

肌荒れやかゆみ、かぶれを起こす可能性が高いので避けましょう。

では、どうしても制汗スプレーを使いたい場合はデリケートゾーン専用のデオドラントがお勧めです。

イビサデオドラントは女性の臭い対策に特化したデオドラントです。

医学部外品として認定を受けており汗を抑えるフェノールスルホン酸亜鉛、菌の増殖を抑えるシメン -5- オールが含まれています。無添加でお肌に優しく作られている点も女性への配慮を感じます。デリケートゾーン以外にも使用できるのでお得感もありますね。

サンプルはありませんが肌に合わなくても返金制度があるので安心してお試しができるのも嬉しいポイントです。

 

原因2. すそわきが

臭い

臭い

ワキが臭う人がワキガと言われますが、デリケートゾーンにもワキガと同じようにスソワキガがあります。

ちなみに、ワキガの人はスソワキガになる確率が高いとも言われています。

原因としては汗腺の数が多い人ほどスソワキガになりやすいと言われていて、汗と雑菌が混じりその汗が酸化すると独特の嫌な臭いが発生します。

分泌される汗自体は無臭ですが汗の中に含まれるアンモニア、尿素、脂肪が臭いの原因となる物質と言われています。

スソワキガの臭いは性行為の際に強くなる傾向があります。

一般的には玉ねぎのような臭いカビのような臭いワキガと同じような臭い生魚の臭い出汁のような臭いと言われています。

自分がスソワキガがどうかチェックする方法として

  • 家族がワキガ
  • 耳垢が湿っていたり耳垢が黄色い
  • アンダーヘアが濃い
  • 酸っぱい以外の臭いがする
  • ズボンやスカートからデリケートゾーンのニオイがきになる
  • ニオイを指摘された

などがあります。

スソワキガへの有効成分としてよく知られているのは、イソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛です。

イソプロピルメチルフェノールイソプロピルメチルフェノールには強力な殺菌効果がありよくニキビ用の医薬品にも含まれている成分です。

美容成分ではありませんが、角質層まで浸透することで素早くニオイを抑えてくれる成分です。

パラフェノールスルホン酸亜鉛パラフェノールスルホン酸亜鉛は、タンパク質を変えて組織や血管を縮める収れん作用で知られており発汗抑制作用があります。デオドラント剤、制汗剤、汗拭きシートなどによく含まれています。

デリケートゾーン用のクリームの選び方

肌の中で一番薄くて敏感なデリケートゾーンのケア商品はたくさんありますがどのように選べばいいのでしょうか。

オススメは成分をよくチェックすることです。

クリームの中には香料や保存料などの添加物、臭いケアのための殺菌効果の強い薬品が含ませている場合もあります。
刺激が強いものやアルコールは肌を痛める可能性が強いので無添加で成分も植物由来の自然で肌に刺激が少ないものがお勧めです。

クリームタイプは保湿力が強くて刺激が少なくてお勧めです。さらに長時間、刺激や摩擦から肌を守ってくれます。

 

厚生労働省に認可された成分配合の商品を選ぶ

厚生労働省に認可された美白成分であるトラネキサム酸は敏感肌でも使用できデリケートゾーンへの使用に向いています。

原因3. 性感染症

デリケートゾーンが臭うときになることとして性感染症も考えられます。性感染症とは性行為によって感染する病気のことでSTDとも言われます。淋病、クラミジア、雑菌性尿道炎、梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローム、カンジダ、トリコモナス膣炎などがあります。

コンドームを使用しなかったり出血の恐れがあるセックスをすると感染するリスクが高まります。

膣カンジダ症を発症するとヨーグルト状の臭いがし鼻にツンとくる感じで強く臭います。膣トリコモナス症に感染すると強く臭う上に泡立ちがあります。

おりものの量が増えたり、色が変わってきたり悪臭がする場合は特に要注意です。

自然治癒が難しく再発することも多いので気をつけましょう。

性感染症の予防としてはコンドームを正しく使用しましょう。持ち歩く際はハードケースに入れて熱や摩擦によって傷がつかないようにし、使用時は正しく装着しましょう。

お財布に入れている人も多いようですがお金と擦れることで穴が開くなど痛みやすいのでコンドームをお財布に入れて持ち歩くのは効果的ではありません。

心配なことがあった場合には検査を受けましょう。保健所によっては匿名や無料で受けられる場合もあります。

また性感染症は早めの治療が大切です。もし、子宮頸がんなどの病気だった場合には早めに検査を受けなかったことで病気が進行してしまいます。

特におりものや色、ニオイに急な変化があった場合などは恥ずかしがらずにすぐに病院で診てもらいましょう。

 

いかがでしょうか?

デリケートゾーンの臭いといっても、色々な原因が考えられます。

また個人差もあり生理周期にも影響されます。

多くはおりものなどの膣分泌液が原因となる場合で、清潔に保ったり石鹸やクリームなどのデリケートケア専用のものを使用することなどの対策が出来ます。

パートナーに指摘される前に日頃からチェックして早めにケアをしていきましょう。

気になることがあったら専門家に受診しましょう。性感染症予防も自分の体を守る大切なことです。パートナーとしっかりコミュニケーションをとり感染症対策も心がけましょう。

普段のケアが大事!デリケートゾーンの臭いを予防する方法

今までは臭いのケアの話をしてきましたが臭いを予防することも大事です。臭う前に自分でできることは何があるのでしょうか。

正しい生活習慣

まず生活習慣を見直してみましょう。

デリケートゾーンも顔と同じ皮膚です。

生活習慣が乱れると顔にニキビが出るようにデリケートゾーンにもダメージがあります。

睡眠不足やストレス、疲労が原因でホルモンバランスが乱れると黒ずみ、かゆみ、臭いの原因になります。

ナプキンをこまめに交換する

また、生理中は血液や汗、蒸れによって雑菌が繁殖しやすいです。
汚れてなかったり少ない血液でもナプキンはこまめに取り替えましょう。

食生活が乱れ栄養バランスが取れていないと肌に対しても新陳代謝が正しく行われないなどの影響がでます。

生活習慣や食生活といった基本的なところを見直すことによって肌の調子やホルモンバランスを改善しデリケートゾーンのニオイ対策にもつながります。

加齢により臭いが気になる場合もあります。
更年期ごろから自浄作用が低下し膣の潤い低下によって細菌に感染しやすくなります。
その結果臭いがだんだんきつくなるケースもあります。

VIO脱毛

最近は臭い対策にVIO脱毛をする人も多いです。

エステや病院で気軽に脱毛出来ますし、麻酔や専門の機械の使用で痛みも軽減されています。デリケートゾーンは常に下着で覆われているので毛の量が多ければ通気性が悪くなります。
夏は汗で蒸れやすく、冬は厚着と暖房によって蒸れやすくなります。毛の量が減れば通気性が良くなるので臭い対策には良いと言えます。

デリケートゾーンの正しい洗い方

毛が少なくなれば通気性だけではなく、血液、尿、便などの汚れが付着しにくく洗いやすくもなります。

デリケートゾーンの洗い方はテレビや雑誌では頻繁に紹介されているものではなく、友人や家族など周りの人にも聞きにくいことですがどのように洗うといいのでしょうか。

自己流で洗っている方も多いですが間違った洗い方では余計に悪化させてしまいます。

まず、膣内は絶対に洗ってはいけません。

膣内は弱酸性に保たれるようにできており洗ってしまうと自浄作用が崩れ臭いやおりものが増える原因になります。

正しい洗い方についてはこちらの動画で分かりやすく説明されています。


デリケートゾーンの洗い方 においを防ぐ正しいケア方法とは

・洗い方は最初に人肌程度のぬるま湯で洗い流します。
・デリケートゾーン専用のソープをネットや手でしっかり泡立てます。
(直接石鹸を塗って泡立てるのは皮膚が薄い部分なのでやめましょう。)
・Iラインなどは複雑な形をしているので人差し指と中指の腹を使って優しく丁寧に洗います。
・前側から肛門に向けて順番に洗います。
・ぬるま湯で石鹸の洗い残しがないか確認しながらしっかり洗い流します。
(特に恥垢は悪臭の原因になるのでしっかりと洗い流します。)
・生理中はアンダーヘアに血液が残っていると雑菌が繁殖しやすく臭いの原因になるのでしっかりと洗い流しましょう。

ニオイを気にして普段からウォシュレットを使用している人も多いですが洗いすぎは善玉菌を洗い流してしまうので気をつけましょう。

デリケートゾーン用の石鹸を使う

なぜデリケートゾーン専用の石鹸の方がお勧めかというと他の石鹸では殺菌作用が強くて良い菌まで殺菌してしまいます。

菌のバランスが崩れて臭いの原因になる悪い菌が増えるともっと臭うようになり逆効果です。
体を洗う石鹸はアルカリ性のものが多いですがデリケートゾーンには弱酸性がお勧めです。

ドラッグストアなどでもデリケートゾーン専用の石鹸がたくさん売っていますが、ではどのように選べばいいのでしょうか。

しっかり効果が期待でいる有効成分が入っている石鹸を選ぶ

尿やおりものなどはアルカリ性なのでアルカリ性の石鹸では常駐菌まで落としてしまいます。肌への負担も強くて黒ずみの原因にもあります。ミョウバン、ジャムウ、アロエなど臭いやかゆみの抑制する成分が入っているものを選びましょう。

弱酸性の石鹸であればしみたり乾燥することから肌を守る効果も期待できます。

無添加の石鹸を選ぶ

添加物の刺激が強くて肌荒れを起こす可能性が高いです。なるべく無添加で肌に優しいものを選びましょう。

デリケートゾーンも脇などの体臭同様に生活習慣や食生活、日々の手入れなどにとても影響されやすいです。

 

デリケートゾーンのニオイを気にする女性は半数以上もいます。

原因は様々ですが、普段の生活を見直すだけで臭いを改善できるかもしれません。

ニオってからケアするのではなく、臭う前に規則正しい生活と食事、手入れの仕方を学び気をつけておくことは、大事な人に不快な思いをさせないようにする為には大切なポイントですね。

ぜひ、普段から生活習慣を改善し、デリケートゾーンのお手入れを心がけてください。

-体の悩み・解決

Copyright© どこがいい?脱毛サロン人気ランキング2017年|おすすめ7社の料金・満足度・口コミで比較 , 2017 All Rights Reserved.