全身脱毛はどのサロンがおすすめ?人気の大手サロンの全身脱毛コースの料金・値段と満足度を口コミで比較してランキングするわよ!自分にピッタリの満足できる効果のある安い脱毛サロンや医療脱毛選びに当ブログをお役立てください。体験談・口コミも募集しています!

全身脱毛コラム

脱毛して気づく人が多いデリケートゾーンの黒ずみ!色素沈着の原因と改善する方法まとめ

更新日:

ビキニラインの黒ずみ

デリケートゾーン(ビキニライン)は、普段誰にも見られない部分ではありますが、男性とお付き合いした時や、水着を着る機会があると目立つ場所なので、きれいに、そして、清潔に保っておきたいのが女心ですよね。

そんなデリケートゾーンは、毛の自己処理によってどんどん黒ずみが目立ってお困りの方も多いの現状です。

黒ずみはそもそもどうして起こってしまうのでしょうか。

またデリケートゾーンの黒ずみを改善する方法について調べてみました。

脱毛で黒ずみは発生するの?脱毛と黒ずみの関係

デリケートゾーンをカミソリを使って処理を続けていると「黒ずみが気になる」と感じる人もいるでしょう。

最近では、脱毛サロンに通ってデリケートゾーンの脱毛をしている人も多く見られますが、脱毛サロンでの施術後、脱毛したVライン(ビキニライン)がプツプツと黒く見えるようになったと感じる人も中にはいます。

これは、肌の皮膚に埋もれている「埋もれ毛」であり、施術後10日程経てば勝手に抜け落ちる事が多いとされています。

脱毛サロンで使用されるフラッシュ脱毛では、器械から発する光が毛の黒いメラニン色素に反応して毛根に作用します。

デリケートゾーンの黒ずみも毛と同じメラニン色素から作られている色なので、脱毛サロンで施術を受ける事により、むしろ黒ずみを薄くする事が期待できるのです。

つまり、脱毛サロンでの脱毛と黒ずみは直接関係なく、むしろ脱毛サロンに行くことによって黒ずみケアになるのです。

デリケートゾーンの黒ずみは、他の原因が考えられるのです。

それでは、黒ずみの原因について解説します。

黒ずみの原因とは?

シェービングによる自己処理が黒ずみの原因

ビキニラインをシェービング

黒ずみになる一番の原因とも言えるのが「カミソリやピンセットなどで行う自己処理」です。

肌は刺激を受けると「刺激から肌を守らなければ!」という事でメラニンを生成します。

このメラニンはシミを作る時と同じ成分なので、肌刺激によっても黒ずみが発生するという事なのです。

毛カミソリやピンセットを使用して自己処理していると、毛だけを処理しているつもりでも、自然と皮膚を削ったり、毛の周囲の皮膚を引っ張ったり傷つけてしまっています。

つまり、自己処理によって頻回に肌へ刺激を与えると、肌を守る為に自然と黒ずみが発生していってしまいます。

下着の摩擦・刺激によって黒くなることも

いつも身に着けている下着も、実は肌への刺激になっています。

締め付けがきつい下着

お腹周りのゴムがきつかったりフリルなどの装飾が多い下着などでは、日々の活動で体が動くことによって、自然と皮膚に刺激が加わってしまいます。

肌のターンオーバーが正常であると刺激に耐える為に作られた黒ずみの原因となるメラニンが生成されても剥がれ落ちてくれるのですが、下着の締め付けが常に加わっている状態だと、肌のターンオーバーがうまく行われず黒ずみとなって残ってしまうのです。

下着を脱ぐとゴムの跡が赤くなったりなどの下着の締め付けは、着実に黒ずみ発生を助長させているので要注意です。

また、下着の材質ではシルクやコットンのものより、ナイロンやアクリルのものが皮膚への刺激が強いとされています。

新陳代謝の衰えによって肌が黒ずみやすくなる

ターンオーバー

自己処理や下着の摩擦による刺激なども、肌のターンオーバーが正常であると、生成されたメラニンが剥がれ落ちて黒ずみへとすぐはなりません。

しかし、加齢などで新陳代謝が衰えると、通常28日周期の肌のターンオーバーの周期が遅くなり、上手にメラニンを排泄できず肌にとどまり黒ずみが出来てしまうのです。

年齢を重ねるごとにターンオーバーの周期が遅くなるので、デリケートゾーン以外にも黒ずみが出来やすくなるのが特徴です。

デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法について

専用の保湿クリームなどでケア

保湿クリーム

黒ずみを改善するのにどうして保湿が必要なの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、実は黒ずみ改善には保湿がかなり重要です。

肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下していきます。

バリア機能が低下すると、自己処理や下着の摩擦などの刺激に耐える力がダウンしてしまうため、その分黒ずみの原因となるメラニン生成を助長させてしまいます。

また、乾燥によって肌の角質層が固くなり、ターンオーバーが妨げられてメラニンがうまく排泄されず黒ずみが発生しやすくなるのです。

特に、デリケートゾーンは他の肌と比べて皮膚が薄く乾燥しやすくなっているので、保湿が重要なのです。

とは言っても、顔用の保湿剤だとアルコールやパラベンなどが配合されていたりして敏感なデリケートゾーンへの使用は不向きなものも多くあります。

デリケートゾーンに使用する場合は専用の保湿クリームの使用がベスト言えます。

クリニックや美容皮膚科で治療を受ける

美容皮膚科

自分で黒ずみをどうケアして良い分からない、頑固な黒ずみでなかなか難しいという方は、皮膚科での黒ずみ治療も良いでしょう。

皮膚科の黒ずみの治療では、医療用のレーザー脱毛や塗り薬での治療があります。

医療用レーザーは、高出力のレーザーを照射できるため、皮膚の表面に見えない真皮のメラニンにまで働きかける事が出来ます。

照射によってダメージを受けたメラニンは肌のターンオーバーとともに剥がれ落ちるので、徐々に黒ずみが薄くなっていきます。

塗り薬では、美白成分のビタミンCはハイドロキノンなどが処方されて、レーザー治療と抱き合わせで使用されるケースも多くあります。

皮膚科での黒ずみ治療は、高額なのがネックになります。

1回の処置あたりでも1万円を超えるものもざらで、エステの様にお得なキャンペーンもないのが現状です。

中には黒ずみがひどすぎて、レーザーは照射できないケースもありますが、基本的に専門医での治療なので高い効果が期待できます

デリケートゾーンの黒ずみに効果的!おすすめのクリーム(医学部部外品)

黒ずみは毎日のケアによって徐々に薄く出来るとされていますので、やはり自宅でのデイリーケアは欠かせません。

そこでおすすめのデリケートゾーン用の黒ずみ商品をまとめてみました。

モデルさんも愛用!ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

緑

黒ずみケアアイテムの中で、商品力や使ってみたい商品ランキングで4冠をゲットした経歴もある人気の商品です。

人気モデルやタレントにも愛用者が多く話題となっています

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームの特徴は、黒ずみの原因となるメラニン色素沈着抑制の水溶性プラセンタエキスを配合している点です。

プラセンタと言えば、ビタミンやアミノ酸などをなどの天然美容成分もふんだんに含まれているので、黒ずみケアしながら肌本来の力を呼び戻すのに効果的です。

黒ずみケアで欠かせない「保湿成分」も贅沢に配合されており、分子の大きさが異なるトリプルヒアルロン酸トレハロースコラーゲンセラミドの4つの保湿成分が配合されています。

その他にも、抗炎症作用のグリチルリチン酸、角質除去の米ぬかエキス、メラニン黒色化予防のビタミンC誘導体が含まれています。

実際使用した人からは

「人に聞けない悩みで困っていた時にハーバルラビットナチュラルゲルクリームに出会って使い始めました。今では黒ずみがきれいになって彼氏に褒められる」

「国産の原材料を使用して赤ちゃんが使っても良いくらい安心の作りで、敏感肌の私でも毎日使える」

「パッケージが可愛いのでポーチに入れていても目立たなくて良い」などの声が寄せられています。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームを公式サイトで詳しく見る

アンダーの黒ずみに効果的「イビサクリーム」

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

黒ずみの原因となる「メラニン生成抑制」や、「保湿」などに特化した成分が配合されているクリームです。

イビサクリームは、医薬部外品という厚生労働省の薬事法で、効能や効果が証明されている成分が配合されていると認められているものなので、黒ずみケアをしっかりしたい方には安心の商品と言えます。

特徴や効果としては、しみやそばかすを防ぐ成分でも有名なトラネキサム酸が配合されており、気になる黒ずみのメラニン生成抑制・美白ケアを同時にしてくれます。

さらに、グリチルリチン酸2Kを配合しており、日々の生活で刺激を受けやすいデリケートゾーンの肌荒れを防止し肌を整えます。

また、4種の植物由来の美白成分やヒアルロン酸など8種の保湿成分で、肌に潤いを与えながらしっかり黒ずみのケアをしてくれます。

デリケートゾーンにも嬉しい5つの無添加なのも魅力です。

イビザクリームの評判としては

「Vラインの自己処理をずっと続けているうちに黒ずみが発生してきた。イビザクリームを使用してから肌荒れもなくなり、アンダーゾーンが白く綺麗になってきた」「馴染みが良く肌がモチモチになり、黒ずみが徐々に薄くなった」

など肌がきれいになって黒ずみ解消効果を実感している人がいました

さすが医薬部外品だけありますね。

ただ、即効性があるというよりも、継続して使用して効果を実感する人が多く見られたので最低でも3か月は使い続ける事がベストと言えます。

イビサクリームを公式サイトで詳しく見る

ビキニライン 黒ずみ専用「美白エッセンス」 ヴィエル ホワイト

デリケートゾーン訴求

プロのエステティシャンも太鼓判を押すのがヴィエル ホワイです。

ヴィエルホワイトの特徴は、黒ずみケアの美白成分と潤いケアの保湿成分をリポソーム化している点です。

有効成分をリポソーム化することによって、肌の深部までしっかりと浸透してくれます。

美白成分としては、トラネキサム酸を主剤としており黒ずみの原因となるメラニンに働きかけます。保湿成分はトリプルヒアルロン酸、エクトイニン、アマチャズルエキスを配合しておりしっとり滑らかな肌へと導きます。

他にも透明感やエイジングケア、保護成分がふんだんに配合されておりデリケートゾーンのケアならではの設計で作られています。

実際使用した人からは
「湯上りにサッとひと塗りして半年、Vラインの黒ずみが気にならなり毛穴がずいぶん目立たなくなった」
「使用して3か月経ったくらいから黒ずみが薄くなって、悩みが解決出来た」
「夏に向けて使用を続けているが、夏が来る前にかなり薄くなってきた。今年は自信を持って水着を着たい」
などの声があります。他には、プッシュ式なので衛生的に使えるという評判もありました。

ヴィエル ホワイトを公式サイトで詳しく見る

ホワイトラグジュアリープレミアム「WHITE LUXURY PREMIUM」

ママ訴求イラスト

ホワイトラグジュアリープレミアムは、モニター参加の約95%が効果を実感した実力派の商品です。

ワイトラグジュアリープレミアムは乳首の色が黒いと悩む人たちの間で私なのですが、乳首の黒い色素もデリケートゾーンの黒ずみも同じメラニンに由来しているものなので、デリケートゾーンの黒ずみ対策に使用ももちろんできます。

特徴しては、美白成分でお馴染みのビタミンCを生・水性・油性と3種類に分けて配合している点です。

生ビタミンCは即効性、水溶性ビタミンは中間型、油性ビタミンは、持続型として黒ずみの原因となるメラニン生成を肌表面の角質層から真皮層までをしっかりケアしてくれるのです。

また、ヒアルロン酸やプラセンタなどの保湿美容成分もしっかりと配合されています。

実際使用した人からは

「ビキニラインのプツプツした黒ずみが徐々にきれいになった」
「バストトップと一緒にデリケートゾーンのケアを行っているうちに、両方綺麗になってきた自分に自信を持てるようになった」
「全身の黒ずみに使用している。特にデリケートゾーンの黒ずみがかなり白くなって肌のキメも整ってきた」
などの声が寄せられています。全身に使えるのも魅力的ですね。

ホワイトラグジュアリープレミアムを公式サイトで詳しく見る

デリケートゾーン黒ずみのまとめ

いかがでしたか?

脱毛して気づく人が多いデリケートゾーンの黒ずみ!色素沈着の原因と改善する方法」について書きましたが、デリケートゾーンの黒ずみは自己処理下着の擦れやなどによる刺激、さらには新陳代謝の衰えが原因となって起こるのですね。

そんな黒ずみは、正しいケアをすると改善する事が出来ます。

改善方法は色々ありますが、はやり毎日のケアは欠かす事が出来ません。

正しいケアで黒ずみがないきれいなデリケードゾーンを手に入れましょう!

-全身脱毛コラム

Copyright© 全身脱毛おすすめランキング!人気サロン料金・満足度比較 , 2017 AllRights Reserved.