全身脱毛はどのサロンがおすすめ?人気の大手サロンの全身脱毛コースの料金・値段と満足度を口コミで比較してランキングするわよ!自分にピッタリの満足できる効果のある安い脱毛サロンや医療脱毛選びに当ブログをお役立てください。体験談・口コミも募集しています!

全身脱毛コラム

脱毛サロンのフラッシュ脱毛とレーザー脱毛はどっちが痛い?

投稿日:

レーザー脱毛の痛みとフラッシュ脱毛はどちらが痛いのかご存知ですか?

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の大きな違いはマシンから照射される光の出力量の違いです。

レーザー脱毛は医療機関に限られており、万が一なにか行ったときに処置できるスキルを持っている場所でした使用はできません。

また、レーザー脱毛は光脱毛よりも照射のパワーが強いため脱毛の効果は早く得ることができるメリットがあります。

逆にフラッシュ脱毛は脱毛サロンで使用されているもので、専用の免許をなく利用することができるマシンを使用しています。

そんため、危険性は低く光の照射パワーは弱くなります。
この点を踏まえて、どちらが痛いのか?という答えに関して言えばレーザーの方が断然痛いです。

レーザー脱毛

痛みを感じることとしては、どちらのマシンも黒い色素に反応して特殊なセンサーを出して、毛根にダメージを与えています。
ダメージを受けた毛根はやがて抜け落ちていく仕組みです。

痛みを感じるとすれば、日焼けなどで毛根ではない部分に光が照射されて、肌にダメージを受けたときといえます。
照射能力で言えばレーザーのほうが強いですがレーザーは1点の狭い範囲に対して照射をするので肌などの他の部分に照射するリスクは低いです。よほどのスキルがない方がされない限りは双方とも痛みは変わりません。

ちなみに、痛みといってもチクッと針を刺されたぐらいの痛みであり、それも一瞬ですので泣いた身が長続きすることはないので安心して施術を受けてください。

脱毛の痛みを感じないのは効果がないということ?

痛みがなくても脱毛の効果はあります。
しかし、施術を実際に受けてみるとわかるのですが、機械にも光の照射パワーを調整することができます。
あまりにも痛みがなく終わった場合は、出力が弱かった可能性があり毛根へのダメージが少なく脱毛の効果が薄いという場合もあります。逆に痛みがない場合でも、施術者のスキルが高いときには痛みがないときもありますのでケースバイケースといえます。

私の経験上、施術中に一度は痛みは必ずありました。
痛みがないからといってもっと強くしてほしいといえますが、素人にはわかりかねる範囲の話なので無理に痛みと効果を求めるのはよくありませんので注意してください。

vio脱毛はどれぐらい痛い?

私が今まで経験した脱毛で一番痛みがあると感じた場所はVIO脱毛でした。
もともと神経が集中していることや肌が比較的薄い部分ということも関係があり、ゴムでパチンとはじいたような痛みをより強くうける部位でした。

何度か声が「うッ」と出てしまったほどです。
しかし、痛みを我慢できないぐらいのものではありませんので誰でも受けられる施術です。

我慢できるレベルのため、途中で中断するという人もいないとスタッフの方から聞いたこともありますのでご安心くださいませ。

脱毛の痛みを軽減するには

痛みを軽減するためにできることは限られています。
ただ何もしないよりかは少しでも痛みを和らげる努力はしたにこしたことはありません。

痛みを和らげる3つの方法

1、事前に有る程度脱毛をしておくこと。

脱毛箇所が変わっても照射しているマシンは同じです。黒い色素に反応していることから無駄毛の長さが長ければ長いほど黒い部分に反応する範囲が広くなります。
照射をされた無駄毛は熱を持ちますし、多くの特殊な光を浴びることから痛みをより感じますので、予め無駄毛を短くカットしておくことがおすすめです。

2、日焼けをしない

脱毛においてはどの脱毛エステサロンで注意をうけますが、日焼けをすると痛みが増します。
照射する光があちらこちらに反応をしてしまい、肌にダメージをあたえることがあるからです。

無駄毛でない部分に照射をされたときには、かなりの激痛に襲われますので日焼けには気をつけましょう。

3、生理前避ける

生理前になると肌は通常時よりも敏感になっています。
そのため、ただでさえ痛みがある光の照射では、通常より痛みを感じることとなります。
こちらも脱毛サロンなどでしょかいの カウンセリングを受けることができます。
その際に、生理前は施術を断ることがありますと記載されているのは、痛みが増幅するためです。

自己処理をする場合も、生理前は避けましょう。

脱毛の痛みに耐えられない場合は?

耐えられない場合は、スタッフに伝えましょう。
一度手を止めて肌を休ませてくれるはずです。
また、落ち着いたときに再度行いますがそれでもだめな場合は施術を終了します。

体調のこともありますので、一概に痛みに耐えられないということも出てくると思いますので、無理はせずまた日を改めて受けてみるということをおすすめします。

痛みがまったくないということはありませんので、予めチクッとする痛みはあるものと考えておく必要があります。

脱毛の痛みを耐えてまで脱毛するメリットとは

脱毛を続けるとやはり毛周期はゆるやかになり、無駄毛も薄くなります。
自己処理をすることで肌をいためることありますので、レーザーやフラッシュ脱毛の方がより脱毛効果も高く、お肌への負担も少なくすみます。
ただし効果が出るまでは最低でも6回以上の施術が必要となりますとスタッフの方から聞きました6回までは、脱毛をしてもまた、毛周期が戻ってくる関係で、無駄毛が再発します。

6回以上行うことで無駄毛が生えても目立たなくなります。

自己処理でいつまでもはあを傷付ける恐れと隣りあわせよりも痛みを耐えてその先のさらさら素肌を手にするほうがよいです。

-全身脱毛コラム

執筆者:

関連記事

脱毛サロンなら敏感肌でもキレイに脱毛できる

女性なら誰でも、ムダ毛のないツルツルなお肌に憧れますよね。 お肌がきれいなら、自 …

no image

全身脱毛の施術前から施術後までの流れ

脱毛サロンで脱毛するときには、事前にやるべきことがあります。 目次脱毛サロン、施 …

光脱毛は痛くない?全身脱毛するときの痛みについて

光脱毛は現在の脱毛技術では一番痛みの少ない脱毛方法と言われています。 脱毛サロン …

no image

全身脱毛するタイミング、毛周期って何?

毛の生え変わりのことを「毛周期」あるいは「ヘアサイクル」と呼びます。 これには、 …

いろいろな脱毛方法!脱毛エステサロンやクリニックの脱毛器の違いとは

いろいろな脱毛方法によって処理の際に感じる痛みにも違いがあります。 ですから今回 …

北海道/愛知(名古屋)/青森/茨城/栃木(宇都宮)/千葉(浦和)/大阪(梅田)/京都/東京(綿糸町,新宿,渋谷,立川,町田,麻布十番,有楽町)/広島(福山)/兵庫県(神戸,姫路)/福岡/福島/富山県(高岡市)/熊本/札幌/宮崎県(仙台)/長野/奈良/長崎/新潟/宮崎県(延岡)/静岡県(沼津,浜松)/和歌山/長野県(松本)/愛媛県(松山)/岩手県(盛岡)/神奈川(横浜)/鳥取県(米子)/三重県(四日市)/沖縄(那覇)