コロリーの予約・キャンセル方法について解説!途中解約時の返金額と解約手数料

せっかく契約しても、なかなか予約が取れないために脱毛を諦めてしまう、ということがあるとすごく残念です。その点、コロリーは予約の取りやすいシステムを構築しているので安心です。

コロリーの予約についてみてみましょう。

コロリーには予約が取りやすいシステムがある

コロリー予約はお店で直接予約を取る方法と店舗に電話をかけて予約する方法の二つがあります。

自分の希望の日時が埋まっていたとしても、後日キャンセルが出て空きが出ている場合もありますから、何度か問い合わせてみると自分の好きな時間に予約を取ることができるかもしれません。

新しくオープンしたサロンで、まだまだ知名度が低い上に、全国に64店舗も展開しているため、予約の取りやすいサロンともいえます。

全店舗で施術時間を短縮できる高速マシンを導入しているため、一人ひとりにかかる施術時間が短くなり、その分予約も取りやすくなります。

その上、翌月の予約は前月の15日以降にしか取れない、という予約システムを導入しています。

これは、一人の人が翌月も翌々月も予約を入れてしまっていて他の人が予約を取れないという事態を避けることができ、予定が立てやすい人もそうでない人も平等に予約を取りやすい環境を整えています。

コロリーには予約を変更・キャンセルする時のペナルティはあるの?

コロリーでは当日の予約の変更・キャンセルであってもキャンセル料は一切かかりませんし、回数の消費などのペナルティもありません。

但し、マナーとして予定が変更した場合は無断でキャンセルするのではなく、必ず連絡するようにしましょう。

キャンセル料がかからないので、急な予定の変更でも対応してもらいやすくなります。

そのため、前日や当日でも予約が空いている場合は施術してもらえるので、急に予定が空いた場合なども予約の空きをチェックしてみると良いでしょう。

コロリーは途中で解約できるの?

せっかく全身脱毛を決意して契約しても、さまざまな事情で解約したいという状況になるかもしれません。

途中で解約してもコロリーでは未消化分を返金してもらうことは可能なのでしょうか。

解約の際、未消化分は返金しれもらえるの?解約手数料は取られるの?

コロリーでは、解約時に残っている未消化分とすでに支払っている金額とを差し引いて、きちんと返金してもらえますので、安心してください。

解約時には違約金が取られることはありませんが、返金額の10%、もしくは20,000円のどちらか安いほうが解約手数料として差し引かれます。

以下に具体的な解約手数料の例を表にまとめました。

返金額と解約手数料の例

返金額 解約手数料 実際に返金される金額
28,500円 2,850円 25,650円
171,000円 17,100円 153,900円
342,000円 20,000円 322,000円

上記の金額はどのような支払い方法をしたのかによって変動する可能性もありますので、詳しくは無料カウンセリングの時に確かめておくと良いでしょう。

クーリングオフはできるの?

コロリーの全身脱毛はクーリングオフの対象です。

クーリングオフには「契約して8日以内であること」、「契約金額が50,000円以上であること」、「契約期間が1ヶ月以上であること」という条件があります。

全身脱毛2回以上の契約をしていれば、この条件にあてはまりますから、契約後にやっぱり解約したいと思った場合は、早めに手続きをするようにしましょう。

クーリングオフであれば、解約手数料は不要で契約を破棄することができます。

8日以内であってもすでに施術を受けている場合は、クーリングオフの対象にはなりませんので、注意しましょう。

すでに施術を受けたという場合は、解約手数料のかかる解約手続きとなります。

コロリーは店舗間の移動はできるの?

解約の理由が「引越し」であれば、引越し先の近くにコロリーの店舗がないかを調べてみましょう。

コロリーは店舗の移動を自由にすることができるので、解約をせずに施術を継続することができるかもしれません。

また引越しでなくても、現在の家から通える範囲に幾つか店舗があるという場合は、都合の良い時に都合の良い店舗に行くことも可能です。

いつも行っている店舗で希望日時に空きが無く、他の店舗には空きがあるという場合は、空きのある店舗で施術を受けることもできます。

投稿日:

脱毛サロン おすすめTOP

Copyright© どこがいい?脱毛サロン人気ランキング2018年|おすすめ7社の料金・満足度・口コミで比較 , 2018 All Rights Reserved.