女性にとって気になる陰毛の処理。デリケートゾーンを綺麗に保つためにはどうしたら良いの?肌トラブルになりやすいゾーンなので、注意しなければなりません。各処理方法のメリットとデメリット、おすすめの方法などまとめてご紹介させて頂きました。

全身脱毛コラム

下着や水着からはみ出てしまう陰毛。自分で陰毛の処理に使えるおすすめトリマー

更新日:

陰毛を自分で処理する方法

下着や水着の横からちょろっと、時にはたっぷりとはみ出てしまう陰毛

普段生活をしているとそこまで気になりませんが、いざ鏡などを見るとすごく気になってしまいますよね。

でも、デリケートゾーンはとても敏感。セルフ脱毛をして失敗してしまう方も多いんです。
肌トラブルで病院に行くことになってしまうケースだってあるんですよ。

そこで、今回はVIOやデリケートゾーンのセルフ脱毛について徹底的にご紹介させて頂きます。

陰毛を処理する方法のメリットとデメリットについて解説

陰毛を処理する方法のメリットとデメリットを、種類別にご紹介します。

陰毛をカミソリで剃る

カミソリ

カミソリ

メリットコンビニやドラッグストアなどどこでも購入できますし、利用している方も多いです。気軽に利用できますし、カミソリだけを購入するなら特に恥ずかしいこともありません。

最近は100円ショップでも販売されています。3本100円など激安の物もありますよ。

しかし、デメリットとしてはカミソリは毛だけを剃るのではなく、実際には肌の表面も削っています。

そのため黒ずみの原因になってしまうことも。

陰毛をカミソリで剃る

肌に小さな傷をたくさん付けていることになるので、汚れたカミソリを使ったり不衛生にしているとそこからバイ菌が入ってしまいます。

私も17のときにカミソリでアンダーヘアの処理をしていましたが、そこから菌が入って化膿してしまい、病院に行きました。

痛いけどついつい毛抜きで抜いてしまう

毛抜き

毛抜き

毛抜きもカミソリと同様、どこでも購入できるアイテムです。

100円ショップなどでも販売されていますので、気軽に購入することができますね。とにかく脱毛には絶対にお金をかけたくない、という方からも人気があります。

毛抜きはデメリットがたくさんあります。一本一本抜くのでどうしても手間がかかってしまいますし、痛いですよね。

眉毛だったら痛くなくすぐに抜けますが、陰毛の場合はかなりの痛みを伴います。
これはなかなか強烈な痛みです。

もちろん一気に引っこ抜くので肌への負担も大きいですし、毛穴を刺激してしまうので毛穴が広がり、サメ肌のようになってしまうことも。

一瞬で毛を剥ぎ取るブラジリアンワックス

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスのメリットは、粘膜近くも処理できることです。

人気の脱毛は、メラニン色素に反応して脱毛処理を行います。そのため、粘膜近くは基本的にできません。

ブラジリアンワックスはその心配が無いので、粘膜付近も綺麗にツルツルにしたいという方に人気があります。

ワックスで陰毛を抜くのはとにかく痛みが強い。一瞬だけど痛みは強烈です。

また、これも人によって違いますので剥がし方によっては強い痛みが継続してしまうこともあります。

デリケートゾーンなので強く剥がすことで赤く腫れてしまうことも。
また、ある程度毛が長くないと行えないので常にツルツルというわけにはいきません。

除毛クリームでさっと流すのはどうか?

脱毛クリーム

脱毛クリーム

除毛クリームは商品にもよりますが、基本的には安価で購入できます。

また、広範囲をまとめて除毛することが出来るので手間もかかりません。仕上がりも美しく、生えてきても毛がチクチクしません。

そのため、旅行前などに使う方が多いですね。

ただし、デメリットもあります。顔や陰部の粘膜ギリギリのところには使用することが出来ません。つまり、デリケートなところには使用することが出来ないのです。

肌トラブルになることもあります。

人によっては効果が出にくいというのも特徴ですね。また、除毛中には独特の刺激臭が出てしまいます。

脱毛クリーム効果は一時的だが役に立つ!デメリットとメリット・使い方

 

陰毛の形や量を整えるならシェーバーが一番安心

電気シェーバー(トリマー)

電気シェーバー(トリマー)

電気シェーバー、トリートメントの良いところは、お肌に優しいところです。

私もガーッと処理するので、お肌への負担は大きいと思っていました。しかし、刃が肌に当たらないのでVIOラインも楽に処理をすることができます。

また、クリームを塗らなくても乾いた状態でドライ剃りが出来るので、準備に時間がかかりません。

基本的にモーターを使うので、音が気になるという方が多いです。カミソリに比べると浅く剃っているので、剃りあがりが気になることも。

大きな差があるわけではないですが、人によってはチクチクと残るような感じがします。使い捨て出来ないのでお手入れは必須ですが、長期的にみてコスト的にもお得ですよ。

自宅でコツコツ陰毛を脱毛できる家庭用脱毛器

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器

最近はサロンレベルの高品質な家庭用脱毛器が増えてきていますね。サロンに行かなくても脱毛ができますね。

VIOは恥ずかしくてサロンに行くのは嫌、という方でも自宅で簡単に脱毛をすることができます。

デメリットとしては、毛周期に合わせてこまめに処理をしても、しっかり脱毛できるまでは2~3年ほどかかります。

そのため、例えばシェーバーなど他の方法と合わせて使っていくのが一般的ですね。

毎回機械を使うので、種類によっては重かったり準備も面倒です。VIOや顔は出来ない種類もあり、別途違うカートリッジが必要になることも。

家庭用脱毛器の選び方と人気ランキング

どの方法がベストかは、永久的に脱毛したいのか、それとも一時的に処理したいのかで決まる

アンダーヘアもキレイに処理する

一時的に処理をするということは、定期的にやる必要があるということです。

そこで考えなければならないのは、肌への影響ですね。今は大丈夫でも、いつ使えなくなるかわかりません。

女性の場合はホルモンバランスから受ける影響が大きいため、今まで使っていた処理方法が急に使えなくなってしまう可能性も。

そのため、肌へ大きな負担を与えてしまう処理はおすすめできません。

剃ったり抜いたりは手軽ですが、本当に肌への影響が強いので注意をしてください。

一番肌に優しい方法はシェーバーやトリマーです。

特に陰毛の処理をする場合、デリケートなゾーンなので気をつけるようにしたいですね。

永久的に脱毛するのであれば、サロンからクリニックで脱毛するか、もしくは家でやるなら家庭用脱毛器ですね。

どちらも1年~2年ほどかかるので、その間は定期的に自分で毛を処理しなければなりません。

おすすめの脱毛サロンはこちら

基本的に家庭用脱毛器は出力が低いので問題ないのですが、肌がダメージを受けている時は気をつけなければなりません。

そのため、出来れば肌トラブルになりにくいシェーバーかトリマーがおすすめです。

陰毛の処理におすすめ!ネットで評判の電気トリマーがコレ

たくさんのシェーバーがありますが、その中でもおすすめといえばラブコスメの「Vライントリマー&ジャムウハーバルソープ」です。

ジャムウハーバルソープ&LCオリジナルVライントリマーセット

  • 毛の先端が丸くなるのでゴワゴワせず、女性らしい印象に
  • コンパクトで、女性でも使いやすい機能性を重視
  • 人気のジャムウハーバルソープがセットに

<公式ショップ>ラブコスメ

アンダーヘアは脱毛の種類によっては、毛がチクチクとハリネズミのようになってしまいます。

下着を履いてもチクチクして、ひどいかゆみになってしまうことも。

熱線で毛先を丸くするので、こういったトラブルがありません。サイズも小さめで使いやすいですし、安全面にも配慮されています。

ラブコスメの中でも人気のジャムウハーバルソープがセットになっているので、お試ししたい方にもぴったりですよ。

自然な良い香りがする石鹸で、私もお気に入りです。

まとめ

アンダーヘアの脱毛は、人によって個人差が出やすいところです。

何より、場所が場所ですから脱毛サロンに通うのに抵抗があるという方も少なくはありません。しかし、いざ認識してしまうと陰毛が気になって仕方なくなってしまいますよね。

自分自身も雑なバイ菌が入って痛く辛い思いをしたので、今は家庭用脱毛器とシェーバーでゆっくり脱毛をしています。

自分で処理をする場合は、今回ご紹介したように肌トラブルに気をつけてくださいね。

そして、綺麗でふんわりしたデリケートゾーンを目指しましょう。

 

-全身脱毛コラム

Copyright© どこがいい?脱毛サロン人気ランキング2018年|おすすめ7社の料金・満足度・口コミで比較 , 2018 All Rights Reserved.