全身脱毛するならどこがいい?人気の脱毛サロンの全身脱毛 料金・値段と満足度・口コミをを超辛口で徹底分析・比較してランキングしています。「満足できる」「効果のある」「料金が安い」あなたはどんなサロンが好みですか?自分にピッタリの脱毛サロンを選んでください。体験談・口コミも募集しています!

全身脱毛コラム

VIO脱毛について詳しく解説!ハイジニーナ脱毛のメリットとデメリットと脱毛するならどこがおすすめ?

投稿日:

VIO脱毛について

脱毛サロンの広告などで「VIO脱毛」という言葉をよく目にするようになってきているように、近年VIO脱毛をする女性が増えてきていますね。

日本ではまだまだ馴染みのない方が少なくありませんが、VIOの毛が減ると生理中の「ニオイ」や「かゆみ」も楽になりますし、男性からの印象が良いので、海外では多くの人々が綺麗に処理しています。

そこで本記事ではVIO脱毛の国内外での広まりについて、VIO脱毛のメリットやデメリットについてご紹介します。

海外では当たり前?!いま話題のVIO脱毛について詳しく解説

VIO脱毛とは、デリケートゾーン(ビキニラインからおしりにかけて)に生えるムダ毛に対して行う脱毛のことです。

そして「VIO」とは、両側の腰骨から股間にかけてのVラインや、女性器周辺のIライン、肛門周辺のOラインを合わせて作られた言葉です。

VIOとは
画像引用 VIO脱毛 | 神奈川・横浜の美容皮膚科マリアクリニック

デリケートゾーンに生えるムダ毛を自己処理する場合のリスクは大きく、カミソリで負った傷口から雑菌が侵入して傷が膿んだり、色素沈着が起きて皮膚が黒ずんでしまう場合があります。

それに、デリケートゾーンの自己処理は毛周期が早いのですぐに伸びてしまってムダ毛処理の効果が長続きしません。

しかし、VIOのムダ毛を脱毛することで、カミソリで剃る時のような皮膚に大きなダメージを与える心配がなく、さらに施術を重ねる毎にムダ毛が生えにくくなるため、ムダ毛処理の負担を減らせます。

海外ではVIO脱毛が当たり前

海外ではVIO脱毛は当たり前

すでに海外の女性たちの間では、アンダーヘアを綺麗に処理することはエチケットとして当たり前になっています。

脱毛先進国と呼ばれているアメリカはもちろん、ヨーロッパ各国でもVIO脱毛が一般的に行われています。

その大きな理由の一つが衛生面の問題なんです。

VIO脱毛は海外だとハイジニーナ脱毛とも呼ばれていますが、ハイジニーナは「衛生」を意味する「hygiene」が語源の言葉なんです。

アンダーヘアを放置すると雑菌などが繁殖したり、デリケートゾーンの蒸れや痒みなどが起こりやすいため、海外では多くの女性たちが若い頃からアンダーヘアのお手入れを行っています。

また宗教上の理由から剃毛を義務づけられていたり、アンダーヘアが異性に悪印象を与えるといった事情も存在します。

そのため、海外の女性は日本の女性よりもデリケートゾーンのムダ毛処理に関して熱心であり、自己処理に伴うリスクや手間などにもより困らされているため、海外では日本よりも早くVIO脱毛が広まりました。

最近は日本国内でもVIO脱毛が広まっている

日本でも流行!VIO脱毛

海外での人気とは対照的に、日本人女性の間ではVIO脱毛があまり知られていませんでしたが、近年は多くの日本人女性がVIO脱毛に興味を抱くようになり、広告などでVIO脱毛の存在を目にする機会も増えました。

日本人女性の多くが憧れている海外アーティストや海外セレブたちがSNSなどでVIO脱毛を行っていることを公言したり、脱毛サロンの軒数が増えたことで近くの店舗で気軽に脱毛を行えるようになったことが主な理由です。

そして脱毛サロンの軒数が増えたことで価格競争が起きて、以前よりもお得な値段で脱毛が行えるようになったことも日本国内でのVIO脱毛の流行を後押ししています。

面倒なデリケートゾーンのムダ毛処理の負担を減らせるVIO脱毛は、とても便利なおすすめです。

興味はあるけど不安を感じるという方もいらっしゃると思いますが、脱毛サロンなどのVIO脱毛を行っている施設の多くは、店舗内や電話、インターネットなどで無料カウンセリングを行っています。

施術内容やお値段などの気になる点について相談してからVIO脱毛を行いましょう。

脱毛する前に理解しておきたいVIO脱毛のメリットとデメリット

VIO脱毛する場合にはメリットもあれば、デメリットありますので、それらを理解した上でVIO脱毛をするかどうかを判断する必要があります。

それでは、VIO脱毛のメリットとデメリットを説明していきます。

VIO脱毛のメリット

まず一番のメリットはVIOを気にせずに済むことです。

VIOを気にしなくていい

水着や少し小さめのオシャレな下着を着る場合にやはり気になるのがVIO部分で、ムダ毛がはみ出してしまったり、処理した場合でも短い毛が布を突き破って出てしまったなんて経験がある人も少なくないでしょう。

他にも毛が濃いことがコンプレックスと言う場合でも、銭湯やプールでの着替えの際に人目を気にせずに済むようになります。

次いで生理の際のトラブルが減るというのも大きなメリットと言うことが出来ます。

女性は毎月生理の時期には憂鬱になってしまうのでトラブルが減ることで快適に日々を過ごすことが出来るでしょう。

ちなみにトラブルとは生理時に経血が毛に絡まり蒸れてニオイを発したり、痒みが生じたりします。

その肌トラブルはVIO部分を処理することでかなり改善することが出来るのです。

VIOのムダ毛を処理すれば通気性がアップし蒸れが軽減されますし、清潔な状態を保ちやすくなります。

同じ理由で生理中だけではなく夏のニオイ対策にも効果的です。

VIO部分にムダ毛があることで蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい上に、雑菌の餌となる垢、汚れなども付着しやすくなるので、体臭が気になる人はVIO脱毛をすることをお勧めします。

さらに意外かもしれませんがVIO脱毛をすることで美肌効果が期待できます。

脱毛エステサロンやクリニックでVIO脱毛を行えば自己処理をせずに済み肌への負担を減らすことが出来ます。

VIOは非常にデリケートなパーツなので、自己処理をすることで肌を刺激し黒ずみが出来てしまったり、肌が荒れるリスクがあるのでVIO脱毛を行えばVIO部分の黒ずみを改善する効果があるのです。

VIO脱毛は痛い?デメリットを紹介

メリットばかりなら嬉しいのですが、残念ながらデメリットも存在します。

まずレーザー脱毛や光脱毛をする場合にVIO脱毛は、他のパーツと比較して肌が薄く弱いので実は他のパーツより痛みが強いと言えます。

VIO脱毛は痛い

さらに肌の弱さ以外にもVIOの毛は腕・足の毛と比較してかなり濃く太いので、どうしても痛みが発生してしまいます。

それとエステやクリニックで脱毛をする場合は当然医師やエステシャンに施術をしてもらうことになりますが、当然VIO脱毛の際にはその部分を見られることになるので羞恥心を強く感じる人が多いと言えます。

むしろ恥ずかしいからVIO脱毛は自己処理で済ませているなんて人もいるかもしれませんが、繊細なパーツだけに自己処理はお勧めできません。

それからエステやクリニックでVIO脱毛をする場合は当然時間とお金がかかるのがデメリットと言えます。

脱毛は毛の生え変わりの周期を見ながら何度も行う必要があり、個人差はありますが2ヶ月に1度の施術を6回程というのが目安です。

そうなると1年近くの時間がかかってしまいます。

さらに、アンダーヘアがツルツルというのは日本ではまだまだ男性ウケが良くない場合があると言えます。

もちろん個人の嗜好によりますが男性の方が自然なままの状態を好む傾向が強いので、キレイにデザインされたVライン、ハイジニーナだとビックリし引いてしまう人もいるので注意が必要です。

他人がどうこう言おうと、衛生的にもすべての毛を処理した方がいいと私は思います。

VIOの毛がモジャモジャ生えているよりも、薄くしたり綺麗なカタチに整えている方が、生理中の匂いやかゆみも楽になりますし、何より男性に見られた時も印象が良いのでおすすめです。

VIO脱毛のメリットとデメリットまとめ

VIO脱毛のメリットはVIOを気にせずに済む点と、生理時や夏場のニオイ対策や衛生的な点、さらには肌トラブルの予防が出来美肌を目指すことが出来る点です。

それに対してVIO脱毛のデメリットは、施術の際の痛み、羞恥心とお金が時間がかかる点、場合によっては男性に引かれてしまう点を挙げることが出来ます。

VIO脱毛のメリットとデメリットについては理解できましたでしょうか?

VIO脱毛をすることで水着からムダ毛が出ることも気にすることもありませんし、夏場デリケートゾーンが蒸れにくくなることを防ぐこともできますから、はやめに脱毛していた方が良いと思います。

どこで脱毛すればいい?脱毛の種類と機関

ではつぎに、どこで「VIO脱毛」をすればいいのか、脱毛の種類と場所について説明します。

VIO脱毛は大まかにブラジリアンワックス脱毛・フラッシュ脱毛・医療レーザー脱毛の3種類の脱毛方法があります。

それぞれ脱毛はできますが、その脱毛の方法によって脱毛時のメリットやデメリットや料金、評判などはさまざまです。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックス脱毛

ブラジリアンワックス脱毛というのは、脱毛専用の脱毛ワックスを施術部に乗せて、その上に専用の紙を置きワックスに密着させて、この紙をはがします。

一瞬で毛根からすっきり毛を抜くことが出来るため、一瞬でツルツルになります。
芸能人も愛用している方も多い。

しかし一方で、ワックスを塗り剥がすという一連の動作には毛足がそれなりにないとくっつきが悪くなり効果はありませんので、ブラジリアンワックスをやる際はある程度毛足を長めにしてからお店に行かなくてはいけませんが。

また毛を直接抜くので、それなりに傷みは生じてきてしまいます。

ブラジリアンワックスと専用の紙があれば自分自身で家で行うことができますが、初心者の方は慣れていないですし、VIO部位はデリケート部分でもありますので、少しコストはかかってしまいますがサロンなどブラジリアンワックスの専門のお店で施術してもらうことをお勧めします。

またサロンなどでやる場合は施術をするスタッフが上手ければいいのですが、ある程度の経験や技術がないスタッフの場合だとワックスの塗り方や引っ張り方などで痛みの具合が変わってきますので注意が必要です。

フラッシュ脱毛でVIO脱毛する際のメリットとメリット

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は最近では低コストで、簡単に広範囲を脱毛できる方法として有名です。

フラッシュ脱毛は脱毛サロンで施術が可能です。

おすすめ 脱毛サロンランキング

脱毛したい部分に光を照射して、その光に反応した毛根から施術後の1週間後くらいを目安に毛が抜け落ちるというサイクルです。

ブラジリアンワックスと違い、毛根自体を刺激して毛が生えないようにしますが、毛の生えるサイクルがあるため、また数週間後に細い毛などが生えてくる可能性もあります。

そのため、2~3か月に1回ずつ施術を行い、徐々に毛量を少なくしていきます。

ある程度の回数を重ねると、ほとんど毛はなくなってくるためもっと施術期間を空けることが出来ます。少しずつサロンに行く回数も減ってきます。

光を当てるだけなので痛みもそれほど感じることはありません。

医療レーザー脱毛でVIO脱毛する際のメリットとメリット

レーザー脱毛

医療レーザーは上記2つの方法とは違い、医師やレーザー機械を使える有資格者がいるクリニックでないと使用できない機材となっています。

そのためサロンではなく、主にはクリニックで行います。

ブラジリアンワックスやフラッシュ脱毛とは違い、照射の強度が強いレーザーを使用しているため脱毛効果は高く、この3つの種類の中でも一番施術回数が少なく、短期間に脱毛することができます。

今すぐにでも永久脱毛をしたい方には是非お勧めです。

また有資格者や医者が常駐しているため、安心して施術を受けることができ、万が一何かトラブルがあったときでも、施術後の悩みなども相談することができますので利用者の満足度も高いようです。

ブラジリアンワックスワックスやフラッシュ脱毛に比べて「痛い」ことと、「費用が高い」というのがネックではあります。

以上、脱毛で代表的な3つの種類を説明しました。

それぞれブラジリアンワックス、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛と特徴がありますので、自分の今の状況と照らし合わせながら自分に合った脱毛方法を選んでみてください。

-全身脱毛コラム

Copyright© どこがいい?脱毛サロン人気ランキング2017年|おすすめ7社の料金・満足度・口コミで比較 , 2017 All Rights Reserved.